【がっちりマンデー】マルチハビテーション・ギグエコノミー・スマート漁業

マネー系TV番組情報

2020年12月27日放送のがっちりマンデーでは、「2021年はこれがくる?!儲かりそうキーワード」を紹介してくれました!

最近の変化する暮らしにピッタリなキーワードが並びます。

『マルチハビテーション』多拠点生活

multi(複数の)-habitation(住まい)・・・多拠点生活

マルチハビテーションとは、多拠点生活と言う意味。

平日は仕事に通いやすい町に住み、週末は郊外に行って過ごす人や、

リモートワークだけで通勤する必要がないので、いろんな場所を転々と渡り歩く人が少しずつ増えている。

番組では、「ADDress(長野県)」と言う会社が紹介されました。

定額制で全国住み放題のサービスをしている会社。

シェアハウスが全国に100か所以上持っていて、

1室月々4万円~どこでも住み放題!

光熱費・wi-fiも含まれ、敷金礼金などの初期費用も不要

一部屋の料金なので二人で住むとお得。

オシャレな部屋も多く、大自然の中に住めたりもします。

なぜ、ADDressはこのようなことが可能なのでしょうか?

それは、空き家を安く借りられているから。

こんなとこに人くるかな?というような場所でも稼働率が高い。

部屋のリノベーション代金は空き家のオーナーが支払う。

最低限生活に必要な、家電・家具・食器・調味料などはADDressが用意して会員さんに紹介する。

京都や奈良といった観光地よりも、地方の町のほうが結構人気。

時にはそこを気に入った会員さんが家を買ってくれることも。

2030年には、空き家が全国で2000万軒になると言われている。

ADDressはその1%20万軒を活用したいと考えていて、会員数も100万人というところを目標にしている。

今、田舎らしい田舎がブーム。

物価も高くないし、人も優しいし。

お金持ちの特権「いろんな家に住む」が誰でもできるようになる!

『ギグエコノミー(ギグワーカー)』空いた時間に単発の仕事をする

ギグエコノミーとは、空いた時間に短い単発の仕事をする働き方のこと。

たとえば、ウーバーイーツの配達員もギグエコノミーの一種。

番組で紹介された「CB cloud(東京 千代田区)」と言う会社は、『ピックゴー』というアプリを提供している。

ピックゴーはどんなアプリ?

ピックゴーは、全国のフリーランスのドライバーさんと、荷物を届けてほしい人をマッチングするサービス。

まず、仕事探しは、ピックゴーアプリを開き、いつ・どこからどこに届けていくらもらえる発注があるかをチェック。

例)港区三田から大田区の中間込にチェアを1脚運ぶ仕事。所要時間30分で配送料4500円。

エントリーして、港区で荷物を受け取り、大田区に移動。荷物を届けたら完了。

好きな時だけ配送と買い物代行、ピックゴー

配送料はその日のうちに振り込まれます。

この仕事は、自分で仕事を選ぶので時間に融通がききます

また、ピックゴーのドライバー登録をする際、自家用車を貨物車登録して使用しますが、自分の車がある人は貨物車登録をして。持っていない人はピックゴーがからカーリースで借りてもOK
(月3万1800円~)

荷主さんにもメリットがあります。

一般的な配送会社は、まず荷物を集荷してもらって、荷物が届くのは翌日以降になることが多いが、ピックゴーは24時間いつでも頼んだらすぐに配送してくれる。

例えるなら「荷物を運ぶタクシー」

さらにピックゴーは、2020年4月から手軽さと速さを活かした新サービス「買い物代行」も展開しています。

仕事を受けると、アプリに店の場所と買ってきてほしい商品が表示されます。

買い物を頼むお客さんは買い物代+手数料660円~で買い物を頼めます

買い物代行したドライバーは、建て替えた買い物代と代行料が一緒に入金されます。

稼げる人は、月収100万円超える人もいるそうですよ!

『スマート漁業』漁師AIが魚のいる場所をあてる!

スマート漁業とは、最新のハイテク技術を取り入れた効率いい漁業のこと。

番組では、「オーシャンソリューションテクノロジー(株)(福岡市)」という会社が紹介され、水上陽介社長がお話をしてくれました。

こちらの会社では、『トリトンの矛』というサービスを漁師さんに提供。

AIが、儲かる漁場を教えてくれるサービスを行っています。

AI『トリトンの矛』はどうして儲かる漁場がわかるの?

ベテラン漁師の過去の操業データを蓄積することで、こういう気象条件の時、どういう風なポイントが魚がとれるのかというものをAIが分析します。

AIが最初に参考にした教科書は、ベテラン漁師の高須さんの過去20年分の操業日誌。

この日誌には、いつどこの漁場で水温が何度で、どんな魚がどれぐらいとれたのかがびっしりと書かれています。

AIはこのデータを全て読み込み、どのような気象状況のときに、どこで、どのくらいの差かながとれるのかを法則化。

すると、漁に出るとき、その日の天気・気温・水温・潮流・漁師の経験を計算して、その日最も魚が採れそうな漁場を教えてくれるのです。

実際に『トリトンの矛』を使ってみる。その力は?

高須さんの漁法は、5隻1チームでサバやイワシなどをとる巻網漁。

これまでは、九州の南側のひろーい海域の中から、魚のいそうな場所を、高須さんが決めて漁をしていたそうですが、この日はAIトリトンの矛が示した漁場で漁をすることに。

4時間で目的の場所に到着。

魚がどんどん増えてくる。

さらに待つこと5時間。

探知機が真っ赤に!

そして大漁!!

魚がとれたデータはAIに取り込まれ、より高い精度の予測ができるようになります。

AIソフトは、ベテランよりも若い漁師に引き継ぐときに大事になってきます。

若い漁師が引き継いだ時は、漁獲量がおよそ半減してしまうこともあるそうです。

『トリトンの矛』いよいよ始動!?

AI『トリトンの矛』は、2021年4月から月額1万円の定額制で販売開始予定。

3000隻の登録を見込んでいるそうです。

どこに行くと、どの種類の魚がどれだけ採れて、売るといくらになる、と言うところまで計算して、トータルの収支まで教えてくれるところまで考えているのだとか。

最終的な目標としては、日本の周りの海が、巨大な養殖場として、どこに行けば魚がいるよというのがわかるようにしていきたいという水上社長のお話でした。

まとめ

今回、3つの儲かりそうなキーワードを紹介してくれましたが、どれも本当に発想が素晴らしく、そしてニーズもばっちりとらえている、本当に感動ものばかりでした。

漁業は無理ですが(*’▽’)、ADDressさんのサービスやピックゴーは本当に試したみたいと思いました。

末娘が幼稚園に通えるようになったら、副業のひとつしてピックゴーしてみたいな。

かなり有力です。

いろんな副業を掛け持ちしてリスクを分散したいので。

メインの副業はやはりブログ収入でいこうと思っていますが。

最近、少し安定してブログ収入も入るようになっていました。

やはり、最初に教えてもらった大先輩の力は大きかったです。

遠回りせず基本をしっかり学べました。

少し話がそれましたが、(ブログでの)副業に興味のある方は、無料メールマガジンだけでも購読したら参考になるかと思います。

詳細は、こちらの記事(富田たかのりの資産構築型ネットビジネス入門)を参考にしてください。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました