【有吉のお金発見!カネオくん】クリーニング|カレー・墨汁・油・醤油のシミ抜き

マネー系TV番組情報

2021年2月13日放送の有吉のお金発見!カネオくんでは、クリーニングのお金の秘密に迫ります。

季節の変わり目3月~5月は利用者が最も増えるクリーニング店。

どうやって綺麗になってくる?

クリーニング店の裏側を見せてもらいました。

シミ抜きだけを長年研究していて、染み抜き技法1260種類を持っている『不入流』の達人に、家庭で出来るカレー・醤油・油汚れの染み抜き法も教えてもらいました!

クリーニング店のお金の秘密

今や、街を歩くとクリーニング店。

と言うほど、たくさんのクリーニング店が街にあふれています。

全国のコンビニ約5.5万店、クリーニング店約9万店。

クリーニング店はコンビニの倍近くとはるかに多いのだそうです。

どうやってきれいになってくるの?

足立区のホワイト急便の方にお話を伺いました。

衣類をお客様から受け取り

  1. 破れ・ボタン取れ・傷・シミなどを確認
  2. 洗濯表示を見ます(素材によって洗濯方法が違います。)
  3. きちんと検品してから工場へ運びます。

工場には1日に3000着以上の衣類が集まります。

汗や食べこぼしのような、水溶性の汚れが多い衣類は水洗いをします。

ワイシャツのような、しっかりとした生地のものは、55度くらいのお湯で洗います。

洗剤は漂白・抗菌・消臭効果のある強力な専用洗剤

業務用大型洗濯機(240万円)でワイシャツ200枚を一度に洗えます。

えり・袖仕上げ機は、(260万円)。

全体を仕上げるのは、人型マシーン(525万円)。

シャツ前後をピタッとはさみ、スチームを吹きかければ、たった20秒でパリッとしたワイシャツが仕上がります。

数千枚届く衣類のうち、約半分はワイシャツ。

ワイシャツは1枚120円~。

『不入流』シミ抜き達人とは?

時間が経ったシミは、普通のクリーニングじゃ落ちにくい。

長年シミだけを研究している『不入流』。シミ抜きの流派。

あらゆる汚れやシミを落とす技を持っている。

大田区にあるシミ抜きの達人『不入流』の高橋勉さん(71歳)。

もともと着物屋で、シミ抜き係を任されていた。

1980年に沁み抜き専門の『不入流』を創設。

シミ抜きの技法は、約1260種類。

シミ抜き技術の立役者。

「シミと汚れだったら、絶対的に落とせます!」

しつこいワイシャツの汗ジミには、万能薬品『つぼ抜き』。

つぼ抜きは、長年の経験をもとに開発したオリジナルの万能薬品。

しつこいワイシャツの汗ジミも、つぼ抜きに2時間つけておくだけできれいになります。

つぼ抜きとは、お酢と、度数の高いお酒(泡盛など)から作られた酸性の液体。

アルコールは、シミを浮きだたせ、お酢はシミを消す効果がある。

酸性の液体は、生地の色落ちもしにくいので、仕上がりに変な色むらが出来てしまうこともない。

つぼ抜きにかかれば、約6割のシミを落とすことができるそうです。

墨汁のシミには『ごはん粒』

墨汁の成分であるカーボンが生地の繊維の中に入り込んでしまう。

そこで活躍するのが、粘り気のあるごはん粒。

ごはん粒を粉せっけんと混ぜて生地に押し当てると、カーボンをお米にくっつけて取り出せるそうです。

そして、特殊な機械で蒸気をあてるとキレイに。

自然にあるものを使うと、簡単にもとに戻る。

しょうゆのシミには、『大根』

ついてから時間のたった醤油のシミ。

醤油のシミには、大根を使う。

大根には、しつこいシミの原因となる、でんぷんやたんぱく質を分解する酵素が含まれているのだそう。

シミ抜きに最適の野菜。

大根の特徴は、絶対的に生地を傷めないこと。

着物やシルクの洋服などは、大根が活躍。

醤油のシミ抜き法

もちやすいサイズにカットした大根に、固形石鹸をつけて約3分こすります。

油のシミには『キュウリ』

キュウリには、脂質を分解する働きがあり、油のシミには効果的なのだそうです。

洗剤を使うより、キュウリの方がうまくいく場合が多いのだとか。

油のシミ抜き法
  1. キュウリの色素が移らないよう、皮の部分をカット。
  2. キュウリに固形石鹸をつけて、汚れに押し当てながら少しずつこする。
  3. ドライヤーで乾かしてみると、油のシミが消える。

カレーのシミには『胃腸薬』

カレーには、いろいろなものが複合されているので、カレー染みを落とすのは難しい。

高橋さんもいろいろと試し、ついにカレーのシミに効果的なものにたどり着きました。

それが『胃腸薬』。

胃腸薬の中には、食べ物の消化を助ける働きがあるので、それを使って、お腹の中で消化するように汚れを落とせないかと、思い当たったのだとか。

お腹の中って、食べ物を酵素が分解してくれる。

お腹の中を再現すれば、大抵のものは落ちると思った。

カレーのシミ抜き法
  1. 生地を傷めないように、大根をスポンジ代わりに使って、水に溶かした胃腸薬石鹸を交互につけていく。
  2. 3分ほどこすり続けたら、胃腸薬が残らないよう、一度水ですすぐ。
  3. 1・2の作業を繰り返す

意外としらない?!ドライクリーニング

ドライクリーニングとは、水を使わないクリーニングのこと。

水ではなく、石油系の洗濯液で洗います。

衣類はコートやスーツなど、水で洗うと縮んだり、シワになるものが意外と多いのだそう。

石油系の洗濯液は、水では落ちない油汚れを溶かしてくれます。

1リットル140円の石油系洗濯液。

タンク容量600L×140円=約8万4000円!

高額なため、汚れと液を分解して、一度蒸留してから再利用しているそうです。

石油系ということで、ニオイが気になるところですが、乾燥機の熱風で、湿気とニオイを飛ばします。

ドライクリーニング 背広・上着 360円~。

カネコクイズ

ゲストのカズレーザーさんからカネコクイズがありました。

?江戸時代、シミ抜きに効果的と重宝されていたものは?

答え:鶯(ウグイス)の糞。

まとめ

カレー・醤油・油のシミ抜き、勉強になりました!

食器用洗剤と液体洗濯洗剤を1:1で混ぜたものが、大抵の汚れに効くと、古着屋さんに教えてもらい、この洗剤で大体は落ちていたのですが、やはり、カレーはキレイに落ち切らずでした。

胃腸薬、今度、使ってみます。

大根やキュウリなど、家にある野菜でシミ抜きが出来るなんて驚きでした!

こちらもぜひ試してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました